ウォーキング・デッドのゾンビがいる世界で生まれた第一世代の若者たちを描くスピンオフドラマが2020年10月2日より日本で始まりました。

「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」動画配信 hulu・Netflix・U-NEXTは?

2020年10月現在 ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンドAmazonプライム・ビデオの独占配信となります。他の動画配信サイトでは観れません。Amazonプライム・ビデオでは「ウォーキング・デッドシーズン1~9」スピンオフドラマの「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン1~シーズン5」も観れますので、Prime会員でないなら無料お試しをおすすめします。

ウォーキングデットシーズン10や最新話を見たい場合はHuluがオススメです。

第1話感想 「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」

始まりましたね~ 舞台は大学の跡地の壁の中に街が作られています。かなり広い敷地のようです。洋服や装備、建物などからみて、かなり復興が進んでいるように感じます。この街ではゾンビの事を「エンプティ」と呼んでいました。

本編のウォーキング・デッドとどれくらいのタイムラグがあるのでしょうか?本編がゾンビ後の世界になってからの年月ですが、子供の成長や設定から推測すると10年以内だと思います。この作品内ではモニュメントデーが10周年と言っています。悲劇から10年ということでなのでだいたい同じ時代の設定なのかもしれません。

本編では車は馬車にするぐらいガソリンも不足してましたが、この作品では普通に走っていたり、ソーラー発電があったり、インフラが整っているように見えます。酸素吸入器もありました。少し先の話という気もしますが、都会や田舎、人材などの違いで復興具合も変わってくるかもしれませんね。

外の世界からヘリコプターが1機飛んできて市民共同体の中佐の女性が現れます。ポートランドとオマハと市民共同体とで同盟を結んでいるそうです。(この場所はポートランド?かな) しかし市民共同体の場所は不明、以前に主人公のお父さんが科学者で、世界を救う科学交流という名目で市民共同体に連れていかれたとの事。

このヘリコプターは本編でも登場したヘリとも関係がありそうな気もしますね。連れ去られた科学者のお父さんと娘は他の人には秘密にメッセージを受信しています。プリンターで文字が印刷されます。(通信方法は無線?)自分命の危険が迫っているとメッセージが届く。

やはり市民共同体は怪しい、悪人か?お父さんの居場所は中佐からニューヨーク州の方だとヒントはもらっている。距離にして1800キロ。主人公の若者達4人で街を抜け出しお父さんを探しに出発する。なんかドラクエみたいな感じです。

街を出た4人の後を追うため大人2人も出発しました。今後、合流して6人の旅は始まるのかな?本編やもうひとつのスピンオフ「フィアーザウォーキングデッド」の登場人物たちと出会うことはあるのか?楽しみです。

第2話感想 「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」

2話目は4人の旅が始まり、エンプティ(ゾンビ)と遭遇して行くだけの話ですね。他のウォーキング・デッドシリーズを見てる視聴者からするとゾンビとの戦い方にイラッときますね。頭を突き刺せば良いのに、横に切りつけたり、足を蹴ったりと。塀の中で育ったのでしょうがないですが、物心ついたら、座学ではなく実習としてゾンビの倒し方を教えるべきだと思いました。2話目を正直つまらなかったですね。次回に期待です。

第3話感想 「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」

話に進展があまりなかったですね。若者4人の後を追った、大人2人が合流。市民共同体と名乗るナゾの組織は、イギリスの国旗は飾ってる部屋にいたのでイギリスの人かも知れない。20万人住んでいるインフラが整った国があるのか?外の世界は驚異になるという理由で生き残ってる集団を滅ぼしているのか?まだ動機がよくわかりませんね。

 

VOD店長
動画配信を楽しむなら大きいテレビ画面がおすすめです!「Fire TV Stick」を使えばテレビがインターネットに接続して、AmazonPrimevideo・Netflix・Hulu・U-NEXT・その他の動画配信サービスを使えるようになります。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事