あらすじ

シカゴで暮らしていたファイナンシャルプランナーの男は、ある日突然、家族を連れてミズーリ州のリゾート地オザークへと移住する。彼は秘密裏にメキシコの麻薬組織の下で働き、ボスの怒りを鎮めるため、多額の資金洗浄を企んでいた

感想 ネタバレなし

ネットフリックスはオリジナルドラマが多くどれが面白いのか迷ってしまいますね。「オザークへようこそ」はあらすじを見てメキシコの組織・資金洗浄というワードでピンときましたね。面白いと確信しました。すぐ思ったのは「ブレイキングバッド」に似てると思いました。「ブレイキングバット」は私が面白いと感じた海外ドラマBEST10に入る傑作ドラマです。

「ブレイキングバット」は製造から資金洗浄までおこなっていましたが、「オザークへようこそ」は資金洗浄のみで主人公が悪い事をしているという認識が薄いのかもしれません。家族を巻き込んで行くところや、登場人物がどんどん死んでいくところも似てるかも。奥さん役の女優さんがいい味だしてます。夫婦関係の変化、2人の子供も加えた家族の心境の変化など面白い。

シーズン1の最終話は予想外の事が起きてびっくりしました。シーズン1でも終われるようになってますが、シーズン2にもいけるような終わり方になってますね。2020年9月現在シーズン3まで作られています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事